Back
吉祥寺老人ホームは、老人福祉法の目的及び基本的理念に基づき、環境上の理由及び経済的理由により、居宅において養護を受けることが困難な者を入所させて養護するとともに、その者が自立した日常生活を営み、社会活動に参加するために必要な指導及び訓練その他の援助を行うことを目的とします。

定員は130名で、全室個室です。

費用は、利用者本人および扶養義務者から、その負担能力に応じて、その一部を負担して頂く事になっています。

入所の決定や費用の額の決定は、区市町村の福祉事務所が行いますので、入所を希望される方は、居住地の福祉事務所にご相談ください。



お一人お一人の生活を大切に考え、
プライバシーを重視した個室となっています。

和室37室・洋室93室で、どちらも流し台・トイレ・給湯設備があります。室内は冷暖房が完備されており、ベッドサイドとトイレにナースコールが設置されています。
吉祥寺老人ホーム運営規程
福祉事務所(区・市役所内)連絡先一覧
パンフレット・入所のしおり
アメニティ写真集
サービス評価情報

食事サービス

1階に1カ所、2階に2カ所の食堂があり、変化に富んだ食事をご用意しています。陽当たりも良く、ゆったりとした食堂です。

利用者の趣味活動の場としても活用されています。

ミニキッチンコーナー

1階に2カ所、2階に4カ所(うち1カ所は和室)談話コーナーを設けました。ここはミニキッチンがあるのでお茶を飲んだり、簡単な料理を楽しめます。

談話コーナー

楽しい語らいのひと時 各フロアーに設けられた談話コーナー 喫煙もこちらでどうぞ。
入浴サービス

自然光をふんだんに取り入れた浴室は、手すりや緊急呼び出しスイッチも設置されているので、安心して入浴することができます。
Top Back

平成18年4月より養護老人ホームに生活されているご利用者の介護ニーズには、介護保険サービスで対応する「外部介護サービス利用型施設」に転換されました。 養護老人ホーム入所中の方でも、要介護度が認定されれば介護保険事業者が提供するサービスを利用できるようになりました。

吉祥寺老人ホームを利用中の方で、要介護度が認定され、介護保険サービスを利用していく方に対しては、専門職(介護支援専門員)が利用計画を作成します。従来の養護老人ホーム固有のサービスとの組み合わせで様々なケースが想定されます。

事例:吉祥寺老人ホーム利用者Aさん(要介護2)
  「歩行が不安定で入浴の介護が必要な場合」
 @Aさんは、居宅介護支援事業所と契約をします。
 A契約した居宅介護支援事業所の介護支援専門員が、Aさんの要望を確認し、入浴介護を
  行う為に訪問介護サービスを週2回利用するケアプランを作成しました。
 B吉祥寺老人ホームに生活するAさんの所に、訪問介護サービス事業所のホームヘルパー
  が訪問し、入浴の介護を行います。
 C介護保険サービスの利用にあたっては、自己負担金が発生します。

今回の法改正にともなう「新型養護老人ホーム」について、ご不明な点がございましたら、
お気軽に担当者までお問い合わせください。よろしくお願いいたします。
Top Back